日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュとピン札

ピン札

正式名称は「新札」でなく「新券」というらしいのですが、日本ではおめでたい席、たとえばご祝儀のときなどに用意して入れます。

さてバングラデシュでも同じような習慣があります。

それがイスラム圏の「イード」と呼ばれる2大祝日です。

この時期は日本で言う「お盆」と「お正月」のようなお休みで、家族が一堂に集まり歓談し、また企業は従業員にボーナスを払う時期です。

このボーナスに入れるお金が「新券、いわゆるピン札」が良いと言われています。

バングラデシュ中央銀行もその要求に応えるように本日、日曜日から「イード」と呼ばれる10月末の祝日まで発行に応えるそうです。

バングラデシュのお札は私が知る限り世界稀に見る汚いもの

よれよれであり、しかも札束には「銀行員などの抜き取り防止」のためホッチキスで留めた跡があり、ほとんどのお札に「穴」があいています。

「お金を大事にしないと貧しくなる」と言われて育った日本人には分からない感覚ですが、慣れと言うのは恐ろしいもので・・・。

しかしこの時期ばかりは街にもピン札、新券が出回ります。

企業も早めに発行を頼まないと品切れになるので、ご注意頂きたいものです。

(日本企業は従業員に新札を無理して配らなくても、そこまで従業員は気にしていません)

Comments are closed.