日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


インド製衣料が、衣料品大国バングラデシュの販売業界を脅かしています。

2018年5月28日

バングラデシュの衣類市場では、その値段の手ごろさと魅力的なデザインのおかげでインドとパキスタンからの服が、イード商戦Eid-ul-Fitrのピークの販売シーズン前に、バングラデシュ市場を支配し続けます。

「シャルワール・スーツとサリーは、大部分はインドから来ます」と、ダッカ市内の大規模マーケットBashundhara city marketに店を構えるラーマン氏は言いました。

女姓顧客は品質を理由に外国の服を好んで、バリエーションを設計します。

「インドのビザは得るのが簡単です、そして、小規模企業家は買い付けツアーに行くことを頻繁に行います。そして製品でいっぱいの彼らの手荷物とともに帰るだけです」と、ラーマン氏は付け加えました。

詳しい記事はこちら