日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュのイード・ウル・アズハーについて

バングラデシュでは10月末に今年2回目のイードと呼ばれる大型祝日が行われます。

イード」というのは日本語で「祝祭」と訳されます。

バングラデシュではイード・ウル・アズハー(Eid ul-Adha)、他国のイスラム圏では「イード・アル・アドハー」とも呼ばれるこの祝日。

なかなか現地語をカタカナ表記は難しいので、正式な発音はご勘弁願いたいです。

さらに人によっては「コルバニ・イード」「セカンド・イード」と呼ぶ人もいます。

前回のイードは、ラマダン(断食月)明けのイード

今回は「犠牲祭」です。

イスラム諸国ではこの2つのイードを最も聖なる行事と位置付け、多くの会社も大型連休をとります。

現地の会社のボーナス時期も、この2回のイードと呼ばれる時期の連休前に渡される事が多いです。

2つのイードの間隔はわずか2カ月ほど。

先日に大きな連休があったのに、「また連休か・・・」という感覚ですが、これがイスラム教の聖なる行事なので「郷に入りては郷に従え」というところでしょうか?

とにかく今月末に行われる「イード・ウル・アズハー」について次回もう少し詳しく解説します。

 

Comments are closed.