日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュのカントリーリスク

images

カントリーリスク

聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

外国企業が、別の国に進出する時に考慮すべきリスクです。

 

たとえば「チャイナリスク

 

先日のように大規模な反日デモの起こる可能性があるのが「チャイナリスク」であり、また知的財産権の保全にかんしてもリスクの内に入るでしょう。

 

本日のニュースでは、日本企業は「チャイナリスクを考慮しても、中国市場は魅力的」という見解を出し、ユニクロを初めとする小売業の進出が止まりません。

 

たしかに反日デモなどのリスクはありますが、中国では意外に日本の製品は好意的に受け取られている、やはりそこには市場があるという事でしょう。

 

中国だけではありません。

 

日本企業にとっては他の国でもしっかりリスクは存在します。

 

訴訟社会のアメリカ・リスク

 

公務員の腐敗化、政商の暗躍のあるロシア・リスク

 

司法が政治に左右されやすく、首都が北朝鮮に近いコリア・リスク

 

どの国をみてもリスクは存在します。

さて、バングラデシュでいうカントリーリスクというのはどういったものでしょうか?

やはり一番大きいのは、「政治状況の不安定さ」という事と「渋滞を含めた遅延」でしょう・

とくに今年は5年に1度の選挙年という事もあり、ホルタルと呼ばれる全国的なゼネストも頻発、それに加え、普段でもうんざりするような街中の渋滞も、通常業務日に集中しなかなか思うように進まないのが現状です。

今年の選挙が終われば、何かしら事態は改善すると思われますが、やはりバングラデシュにおける最大のカントリーリスクは上記のものでしょう。

 

どの国と商売するにもなにかしらリスクは存在します。

 

それをどのように収支計算に入れるかも問題になるでしょうね。

Comments are closed.