日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュの経済安定成長

昨日IMF(世界通貨基金)よりバングラデシュの2012年~2013年の経済成長率予測が発表され、6.1%の経済成長率が予測されました。

さらに2017年には7.3%の予測

今までの成長率の推移をみると順調な右肩上がりの曲線が「安定成長」を物語っています。

この6.1%の成長をどうみるか?

 

たとえば2011年度に1位だったカタールはなんと18.83%の経済成長を見せています。

しかしその推移をみると以下の通りです。

バングラデシュと比べやけに上下が激しい推移ですね。

やはり経済成長率なんで、比較が前年度からの成長度合いと言う事で、こういう曲線もあり得ますが、この場合予想されるのが、「安定した成長でない」という事が容易に想像できます。

 

加えて話題の中国を見てみましょう。

エコノミストが指摘するように2007年、北京オリンピックの前年をピークとして右肩下がり傾向が始まってきました。

成長の鈍化が見えてきます。

逆に下がり傾向のまま「安定的」になっていくという予測もありますが、右肩下がりになって行くのは想像に難くないです。

 

それぞれの国の事情は違いますが、経済成長率のグラフだけでいろいろな事が想像できます。

Comments are closed.