日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュの裏金について

index

バングラデシュで仕事をするにあたり、どうしても避けて通れないのがバングラデシュの公的機関との折衝。

日本の方に分かりやすいように「裏金」と表現しましたが、日本のイメージのように政官財が絡み合った「巨額裏金」の話でなく、今回はもう少し日常の中に存在する「チップ」の話。

会社登記から、税金申告、労働許可証の取得までさまざまな機会で「オフィシャル」とよばれる公的機関の方々と折衝する機会があります。

その中でスムーズに物事を進めるのに欠かせないのが「チップ」です。

公的な仕事を主にしている場合の「それ」はどれくらいになるのかは分かりませんが、一般の仕事における「チップ」はかなり広範囲に浸食しています。

もちろんバングラデシュでもこういった「裏金」に近いチップにかんしては、あまり感心されません。

しかしこのような手を取らない限り、なかなか仕事を前に進めてくれないのも確かです。

まだまだバングラデシュは公的機関が業務システム化が進んでいなく、一つ一つ書類ベースのものが多いです。

さらに高級官僚の認証サインもかなり多くなります。

これではいつまでたっても業務が進みません。

そういった場合自分の仕事を早く進めてもらうにはチップを払ってでも、早く進めてもらう事が多いです。

この金額は、機関によって変わります。

「仕事をしてくれてありがとね」という形の本当に軽い気持ちのチップの場所もありますが、ここでは名前を伏せますが、どうどうと「これだけくれないと前には進ませないぞ」というとても腐敗が浸食した役所もあります。

日本では大事ですが、バングラデシュではもうそれが日常なのでしょう。

このような腐敗に関して、窓口職員のような方は大した金額ではありません。

高級官僚ほどとんでもない金額をとっていたりします。

 

バングラデシュはまだまだ「人治国家

法的なバツが出ようとも、人との関係やお金の力がものを言います。

大変残念な話ですが、それがまだまだバングラデシュの現状でしょう。

 

Comments are closed.