日本とバングラデシュをつなぐ

経験豊富な信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


ニュース/イベント

バングラデシュ衣料業界会頭が、原材料供給業者指名をしないように求めています。

2023年1月24日 バングラデシュの「バングラデシュ衣料品製造業者および輸出業者協会(BGMEA)」は、現在の衣料市場の歪みを防ぎ完全な競争を取り戻すために、国際的な衣料品小売業者およびブランドに対し、「原材料と生地の調達のために特定のサプライヤーを指名しないよう」要請する予定です。 しかし「現在、一部の国際的な小売業者やブランドは、原材料や生地の約 40% について、厳選されたサプライヤー、特に他の国のサプライヤーを依然として指名している」とBEGMEA会長は話しました。 バングラデシュの企業は、地元の一次繊維部門が過去40年間で大きく成長したため、必要なほとんどすべての原材料、生地、衣類付属品を供給する能力が非常に高いのが現状です。 それにもかかわらず、「原材料供給業者指名は、一定のサプライヤーにつながっている、」と会長は話しました。 国際的な小売業者やブランドが自由市場システムに基づいて原材料や生地を購入の許可をすれば、市場で完全な競争が行われると予想されます。 また、バングラデシュは、2026 年に後発開発途上国から開発途上国への国連の地位を卒業するために、自国にとって非常に必要とされるサプライ チェーンでより多くのローカルな付加価値を享受するだろう、とBEGMEA会長は述べました。 「既製服産業の成長に伴い、テキスタイルやアクセサリーを含む後方連関産業もここ数十年で大幅に成長した。現在、ニット生地はほぼ自給自足しているが、地元の工場からの織物の供給は依然として不十分である」 BGMEA は、国際的な小売業者やブランドに依頼文を送り始める予定です。 一方、地元のアクセサリー業界には、ほぼ 100% の需要を満たす能力があるとBEGMEA会長は言いました。 しかし現実の所バングラデシュは、多くの特別なアクセサリーといくつかの特殊なニット生地、特に人工繊維、ポリエステル、および合成繊維の生産において、まだ力をつけなければなりません。 「現時点では十分なキャパシティがありません」と会長は言いました。 「そのため、それらを輸入する必要があります。ここでの観察では、バイヤーは多くの場合、生地やアクセサリーの供給元を輸入先に指定していました」と会長は言いました。 そしてほとんどの場合、単一の供給元が指名され、他に選択肢はないと会長は述べています。 「原則として、それがビジネス環境と競争を何らかの形でゆがめることになるだろう。そうでなければ、製造業者が複数のサプライヤーを指名するオプションを持っていれば、より良い品質、より良いコスト、および柔軟性を確保するのに役立つだろう。 そのため、私たちが十分に競争力がなく、輸入しなければならない特定の部材について、複数のサプライヤーを指名するというこの要求を慎重に検討していただき、交渉して品質を確認するオプションがあることを念頭に入れてほしい。」と会長は言いました。 同時に、彼は国際的な小売業者とブランドに、バングラデシュのサプライヤーがそれらの専門的なアイテムにもっと投資するよう奨励するよう要請しました. 「これにより、コストとリードタイムがさらに削減され、製品開発とイノベーションの柔軟性と強度が向上します」と彼は言いました。 会長は、特に繊維部門で後方連携への投資を増やすことで、一般特恵関税制度(GSP)プラス下でEUへの市場アクセスが強化されると述べた。 2022 年になっても、業界はパンデミックと世界的な政治的および経済的緊張によって前例のない課題に直面していましたが、30 の衣料品工場が米国グリーン ビルディング カウンシルから LEED 認証を取得しており、これは 1 年間で最高の結果です。 これら 30 の工場のうち、15 がプラチナ、15 がゴールドの評価を受けています。現在、バングラデシュには合計 … more

バングラデシュでは商務大臣が光熱費の公定価格の修正についてコメント

2023年1月23日 バングラデシュのティプー・ムンシ商務大臣は昨日、ガスと電気の価格を再調整するための議論が再び進行中であると述べました。 「国民のために公正なガスと電気の価格を確保するための努力が続けられている」と商務大臣は付け加えました。 ムンシ商務大臣は、バングラデシュRangpur クリケットガーデン で行われる Rangpur 商工会議所が主催する 1 か月にわたる ロングプール工業トレードフェア2023 の発足時にこのコメントをしました。 その後、商務大臣は、電気とガスの価格は、生産コストの上昇に合わせて値上げされたとも述べました。 加えて「生産にガスと電気を必要とする製品の価格に何らかの影響を与えるのは普通のことだ」とも付け加えました。 限られた財政余剰の中で持続不可能な補助金の負担を軽減する試みとして、政府は 1 月 18 日、産業、発電所、商業施設向けのガスの小売価格を 14.5% 引き上げて 178.9% に引き上げました。 これはバングラデシュで使用されるガスの 78% を占めています。 1 月 13 日、政府はバングラデシュ エネルギー規制委員会の手続きを回避して、消費者向けの電気料金を平均 5% 引き上げました。 商務大臣は、ラマダン月に違法な仕入れを通じて人為的な危機を引き起こし、必需品の価格を上げようとするトレーダーに対して法的措置が取られるとも述べました. 商務大臣はまた、「消費者が必要なすべての製品を一度に購入しなければ、市場に大きな圧力がかかることはない」と述べました。 それでも、公的および民間レベルで、必要以上に大量の製品を購入するための取り決めが行われています。 そのため、政府はラマダンの次の月に向けて、必需品の供給、在庫、市場を安定させるために適切な措置を講じています。 多くの製品はすでに国内に到着しているが、他の製品は発送中または購入中だ、と商務大臣は付け加えました. 詳しい記事はこちら

バングラデシュでは経常収支赤字がさらに拡大しているようです。

2022年12月7日 バングラデシュの経常収支赤字は 10 月にさらに拡大しました。これは、輸出と送金による収入を合わせたものと比較して、輸入が引き続き急増したためです。 バングラデシュの場合ですが、バングラデシュ中央銀行のデータによると、10 月末の時点で 45 億ドルの赤字でした。 1 年前の経常収支は 38 億 3000 万ドルの赤字を記録しました。これは、2020 年の同じ期間における 40 億 5000 万ドル黒字だったのとは逆の結果です。 赤字の拡大は、外国為替市場への圧力が引き続き高いことを意味します。 バングラデシュ政策研究所の事務局長である Ahsan H Mansur 氏は、送金の流入の減少は進行中の資本逃避を示していると話しました。 しかし、労働力雇用訓練局のデータによると、1 月から 8 月にかけて 784 万人以上の男女労働者が仕事を求めてバングラデシュからさまざまな国に行き、前年比で 191% 増加しました。 外国人労働者の大規模な流出は、送金収入を押し上げる上で重要な役割を果たすと考えられていました。しかし、7 月から 10 月までの労働者による送金は 2.03% にとどまり、72 億ドルにとどまりました。 … more

12月6日からインドよりバングラデシュへ電力供給

2022年11月21日 バングラデシュ電力開発委員会 (BPDB) の報告によると、インドの 1,600 メガワットのアダニ ゴッダ発電所は、今年の 12 月 16 日から電力の半分をバングラデシュに輸出し始める予定です。 この報告書は、昨日、バングラデシュ電力エネルギー鉱物資源省に関する国会常任委員会の会議中に提出されました。 ジャルカンドのゴッダの火力発電所は、来年3月にフル生産を開始した後、残りの容量のバングラデシュへの供給を開始する予定です。 国会常任委員会会議で、バングラデシュ電力省の当局者と BPDB の当局者は、アダニ ゴッダ発電所の 1 号機の商業運転日が 12 月 16 日に固定され、2 号機の営業運転日が 2023 年 3 月 26 日であることを通知しました。 2015 年にインドのナレンドラ モディ首相が初めてバングラデシュを訪問した際に設計された アダニ発電所は、発電した電力のほとんどを専用の送電線を通じてバングラデシュ電力開発委員会 に供給します。 会議の議事録によると、発電所からバングラデシュ国境までの 105.90 km (km) と、そこからバングラデシュ国内の送電網までの … more

バングラデシュ国内企業が12500トンの砂糖輸入契約を獲得

2022年11月11日 バングラデシュ企業の JMI Export Import Company Ltd は、ブラジルからタカ 6億5980万タカに相当する 12,500 トンの砂糖を輸入し、それをバングラデシュの貿易会社に供給する政府契約を獲得しました。 バングラデシュ財務大臣 AHM Mustafa Kamal が議長を務める会議で、公共購入に関する内閣委員会は昨日、JMI社 が公開入札方式での契約の勝者であると発表しました。 この決定は、砂糖の価格が国内で記録的な高値を記録したときに行われました。 データによると、砂糖の価格は 1 か月前の1kg 90 ~  95タカ から 1 kg110 ~ タカ 115 タカに 22% 上昇した。 砂糖の現在の価格は、前年比で 45% 高くなっています。 詳しい記事はこちら

バングラデシュのハイテク大手Walton社の四半期決算は苦戦。

2022年11月8日 バングラデシュの大手複合企業体、Walton Hi-Tech Industries PLC は、短期決算を発表し今期7 月~ 9 月の四半期に、原材料の値上げ、輸送コストの上昇、脆弱な市況、およびドルに対するタカの切り下げにより損失を計上した、としました。 バングラデシュにおけるエレクトロニクスの巨人、Walton社は、2022 年の第 1 四半期にタカ 4億6050万タカ の損失を計上しましたが、前年度同四半期はタカ 28億1120万タカ の利益でした。 したがって未監査の財務諸表によると、1 年前の同じ四半期の 9.28 タカに対して、7 月から 9 月にかけて 1.52タカ のマイナスの 1 株当たり利益 (EPS) を報告した。 ウォルトン社はダッカ証券取引所 (DSE) への提出資料で、主に原材料の高騰、輸送コスト、脆弱な市場状況、外貨、特に米ドルに対するタカの切り下げにより、 1 株当たり利益EPS が減少したと述べています。 さらに、ロシアのウクライナ侵攻は、パンデミック後の経済回復の見通しを妨げ、消費者の購買力の低下につながり、全体的な収益性に悪影響を及ぼした継続的な高インフレの新しいシナリオを世界中にもたらしました 、 としました。 1 … more

バングラデシュで新たな民間航空会社が今月より運行開始

2022年11月4日 エア アストラは、バングラデシュ民間航空局 (CAAB) から昨日、運行開始許可を受け取ったため、今月から運航を開始する予定です。 エア・アストラの関係者によると、国内線でのフライトを 1 年間運航する必要があり、その後は国際線でのフライトの運航が許可されるとのことです。 バングラデシュ民間航空局CAABの飛行基準規制の委員が、エア・アストラの飛行基準規制オフィスで開催された式典にて、エア・アストラのCEO兼責任あるマネージャーであるイムラン・アシフに航空オペレーター証明書(AOC)を手渡しました。 式典の中で民間航空局CAABの飛行基準規制委員は、「エア・アストラ社を航空業界に迎え入れ、バングラデシュ全土での安全で効率的な運航を通じて国の国内総生産に貢献してくれる」と話しました。。 委員はまた、エア アストラ社が バングラデシュ民間航空局CAAB の規則に一貫して準拠していることに感謝しました。そのおかげで、エア アストラ社の申請書の提出から 1 年以内に証明書を取得できました。 エア アストラ社 の関係者によると、 2014 年以降運航許可証発行された最初の旅客航空  です。 エア・アストラはすでにダッカで2機のATR 72-600航空機を納入しており、さらに2機が2022年内に納入される予定です。 フランスで製造されたこの航空機は、快適で静かなキャビンで 70 人の乗客を運ぶように構成され、優れた業界の信頼性を備えた今日の世界で最も近代的なターボプロップ機です。 詳しい記事はこちら

バングラデシュ現地企業がチッタゴン輸出加工区に3,000 万タカ超を投資

2022年10月26日 バングラデシュの会社 Pacific Attires Ltd は、3,175 万タカを投資して、チョトグラム輸出加工区 (CEPZ) に高級衣料品製造業を設立する予定です。 Pacific Attires Ltdは年間1,872万着のフォーマルスーツ、ジャケット、コート、ドレスパンツ、カジュアルウェア、ボーイズ/ガールズカジュアルウェアを生産する。 この投資により、同社は 4,994 人のバングラデシュ国民に雇用機会を創出する予定です。 Pacific Attires社 は、約 31,000 人が働く Chattogram EPZ に 8 つの事業部門を持つ Pacific Jeans Group の姉妹企業です。 バングラデシュ輸出加工区庁 (Bepza) の投資促進担当メンバーである Ali Reza Mazid 氏と、Pacific Attires Limited のマネージング ディレクターである … more

バングラデシュでもモバイルユーザーの97%がプライバシー保護を憂慮しているようです。

2022年10月19日 ある調査によると、バングラデシュのモバイル インターネット ユーザーの約 97% が、モバイル デバイスのプライバシーとセキュリティに懸念を抱いています。 同時に同じ割合の国民が、技術の変化を把握するために必要なスキルがないことを心配しています。 「The Digital Lives Decoded」という調査は、バングラデシュ通信会社大手Grameenphone の親会社である Telenor のアジア部門によって実施されました。 この調査結果は、昨日首都ダッカ市内の「シェラトン ダッカホテル」で開催されたイベントで明らかになりました。 このイベントには、グラミンフォンの会長であり、テレノール アジアの責任者であるヨルゲン C ロストラップが出席しました。 この調査には、バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの 8 つの市場 (バングラデシュ、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム) の 8,000 人のモバイル インターネット ユーザーが参加しました。 詳しい記事はこちら

バングラデシュでは現在国家歳入庁のコンピューターサーバー問題が起きているようです。

2022年10月18日 バングラデシュでの貿易代理店は、バングラデシュ国家歳入庁 (NBR) の関連サーバーの不具合により、船舶に対する登録番号と輸入総合目録 (IGM) の提出が困難になり、現在輸出入活動の遅延につながっています。 チョットグラム港(チッタゴン港)で商品を積み降ろしするすべての船舶には、登録番号と IGM の提出が義務付けられています。 バングラデシュ国家歳入庁 の関係者は、サーバーは単にアップグレード中であり、すぐに復旧するため、現在の問題は一時的なものに過ぎないと述べています。 しかし船舶代理店や港湾当局者によると、8隻の船からの商品の積み下ろしは、過去2日間ですでに遅れています。   このような背景から、チッタゴン港当局は昨日、税関長に書簡を送り、登録番号と IGM の提出が遅れたため、すでに港の桟橋に停泊している船に商品が荷降ろしまたは積み込まれていないことを伝えました。 書簡には、輸入品を積んだ 8 隻の船が港の桟橋に入りましたが、NBR サーバーの問題により、積荷の荷降ろしが数時間遅れたことが記載されています。 さらに、サーバーから受信した情報に基づいて危険物を分離する必要がありますが、現時点ではチャトグラム港は貨物コンテナをこれらの船から適切に分離することができません。 詳しい記事はこちら