日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュでは犠牲祭が行われています。

バングラデシュ10月6日

バングラデシュではイスラム教の最大の祝祭の一つ「犠牲祭(Eid-ul-Azha)」が行われています。

バングラデシュ国内全土ではこの祝祭を盛大に祝われ、牛やヤギを神に捧げられました。

犠牲祭はイスラム暦の12月10日から祝われる慣習があり、イスラム教・キリスト教・ユダヤ教共通のの故事に倣い世界中のイスラム諸国で行われている儀式です。

「アラー(神)が、その預言者イブラヒム(アブラハム)の忠誠心を試すために『あなたが最も大切にしているものを捧げなさい』と申しました。イブラヒム(アブラハム)は悩みに悩んだ挙句、自らの最愛の息子を神に捧げようとしたところ、『あなたの信仰心は分かったから、代わりに羊を捧げなさい』と言われました」

と言う故事に由来し、アラーの神への忠誠心として牛やヤギ、ヒツジを捧げます。