日本とバングラデシュをつなぐ

経験豊富な信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


マッチングニュース

日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。 日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。

現在、コロナ禍と急激な円高の中で日本のアパレル業界も苦難の時期を迎えていると思います。 同時に日本だけでなく、この新型コロナ感染症の影響は世界経済にも広がっています。 すでに「世界第二の縫製大国」となったバングラデシュは、その基幹産業を「アパレル」と銘打っています。 しかし情報不足の為、まだまだ大企業しかバングラデシュ縫製業界への進出に成功していません。 バングラデシュは決して大企業しか歓迎していない訳でなく、その縫製インフラは諸外国の様々な注文に対応しています。 私達は、日本の中小縫製業界の皆様へバングラデシュとの貿易の扉を開けたいと思います。 まだ見ぬバングラデシュのアパレル縫製業界へご案内します。

バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート

      日本からバングラデシュへのODA(政府開発援助)案件がとても多くなっております。 しかしバングラデシュの現地事情に精通した日本人人材が少なく、情報収集に苦慮されている方も多いのが確かです。 その状況を鑑み、当方は下記のサポートでODA案件のスムーズな履行に寄与します。 現地通訳派遣 バングラデシュ人材の紹介および派遣 バングラデシュ現地パートナー会社紹介 日本人駐在員滞在サポート レンタカーサービス バングラデシュ赴任前講習 … more

バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。 バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。

バングラデシュにて「安全ベスト」「反射ベスト」製作を始めました。 安全ベストは工事現場や各種工場内で必須のアイテムです。 ご関心のある方はご連絡ください。    

View all

今日の 新聞より

バングラデシュ政府は国内肥料危機を起こした場合、ディーラーに営業停止措置を示唆 バングラデシュ政府は国内肥料危機を起こした場合、ディーラーに営業停止措置を示唆

2022年8月23日 バングラデシュの農業相は昨日、「来年1月までの需要を満たすのに十分な在庫があるため、ディーラーが国内で恣意的に肥料危機を引き起こそうとすれば、営業許可を失うだろう」と述べました. バングラデシュ農業大臣は首都ダッカ、ファームゲートにあるバングラデシュ農業研究評議会(BARC)でのイベントで講演しました。 バングラデシュ政府は昨年、 2800億タカの肥料関係補助金を与えたと、与党アワミリーグ幹部は主なゲストとして語りました。 しかし、バングラデシュ政府は今年8月1日から、11年ぶりに尿素肥料の価格を1kgあたり6タカ引き上げ、農民は現在、肥料のために1kgあたり 22タカを支払わなければなりません。 政府が最後に価格を引き上げたのは 2011 年 6 月で、1 … more

バングラデシュでもインフレの影響が大きいようです。 バングラデシュでもインフレの影響が大きいようです。

2022年8月19日 バングラデシュではインフレ圧力がここ数か月にわたって人々に打撃を与えていることは、スーパーマーケットを見ても明らかであり、商品の購入数と量が少なくなっているにもかわらず、金額は変わりません。 必需品の販売はそれほど影響を受けていませんが、いくつかの小売スーパーマーケットチェーンの幹部によると、高級品の消費は減少しています. メディア関係者がいくつかのスーパーストアに行きましたが、一人当たりの購入が比較的減少し、人々が価格上昇についてより敏感になっていることを確認しました. スーパーストア チェーンの Shwapno を運営する ACI Logistics の担当者は、インフレも消費者は現在、購入時に価格に敏感になっていると述べています。 「消費者の購入感覚は、過去 … more

バングラデシュ商工会議所連合は職場の安全確保の工場に精力を尽くす方向です。 バングラデシュ商工会議所連合は職場の安全確保の工場に精力を尽くす方向です。

  2022年8月18日 国際労働機関 (ILO) は昨日、バングラデシュ商工会議所連合 (FBCCI) と、10 の優先経済セクターにおける職場の安全と医療施設を強化するための協定に署名した。 FBCCI はプレスリリースで、この目的のために、機関レベルだけでなく企業レベルでも、多くの能力開発とプロモーション活動を実施する予定であると述べ、またこれらの活動は、カナダとオランダが資金を提供する ILO の … more

View all

バングラデシュは御社のビジネスの可能性を拡げます。
バングラデシュビジネスサポートサイトでは日本企業のバングラデシュ進出を応援します。

南アジアの小国バングラデシュ。「緑地に日の丸」の国旗は少なからず記憶の片隅にある方も多いのではないでしょうか?

北海道の2倍にも満たない面積の中に、日本を超える1億6400万人にも及ぶ人口。この世界最高と言われる人口密度は長らくバングラデシュ経済の成長の足かせになっていました。

しかし90年代より急速に広まったIT化の波は世界との距離をより近いものとし、それと共にこの世界最高の人口密度は「世界最高の人的資源の宝庫」という様変わりを見せています。
昨今、人件費の上昇傾向が話題に上がる他のアジア各国に比べ、未だバングラデシュの労働力は安価であり、また青年層主体の人口ピラミッドに表わされるように将来的にも安定した供給が予想されます。

加えて他の南アジア諸国同様、英語話者が数多く存在する事もバングラデシュの大きな魅力でしょう。

「ネクストチャイナはどこか?」、数多くの経済人が議論しています。米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは「BRICS」に次ぐ急成長が見込まれる国家群「NEXT11」の一つにバングラデシュを選びました。

まだ見ぬバングラデシュの魅力に、あなたも触れてみませんか?

最後に、我が機構の活動に共感、賛同して頂いたバングラデシュ工業省ディリップ・ボルワ工業大臣、バングラデシュ商業省常務委員会アブル・カシム委員長、ならびに現首相顧問トーフィック・イ・イラヒ・チョウドリ氏に多大な感謝を申し上げます。