日本とバングラデシュをつなぐ

経験豊富な信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


マッチングニュース

日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。 日本の中小アパレル企業様向けのバングラデシュ輸出入サポートを強化しています。

現在、コロナ禍と急激な円高の中で日本のアパレル業界も苦難の時期を迎えていると思います。 同時に日本だけでなく、この新型コロナ感染症の影響は世界経済にも広がっています。 すでに「世界第二の縫製大国」となったバングラデシュは、その基幹産業を「アパレル」と銘打っています。 しかし情報不足の為、まだまだ大企業しかバングラデシュ縫製業界への進出に成功していません。 バングラデシュは決して大企業しか歓迎していない訳でなく、その縫製インフラは諸外国の様々な注文に対応しています。 私達は、日本の中小縫製業界の皆様へバングラデシュとの貿易の扉を開けたいと思います。 まだ見ぬバングラデシュのアパレル縫製業界へご案内します。

バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート バングラデシュにおけるODA案件に関してのサポート

      日本からバングラデシュへのODA(政府開発援助)案件がとても多くなっております。 しかしバングラデシュの現地事情に精通した日本人人材が少なく、情報収集に苦慮されている方も多いのが確かです。 その状況を鑑み、当方は下記のサポートでODA案件のスムーズな履行に寄与します。 現地通訳派遣 バングラデシュ人材の紹介および派遣 バングラデシュ現地パートナー会社紹介 日本人駐在員滞在サポート レンタカーサービス バングラデシュ赴任前講習 … more

バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。 バングラデシュにて安全ベスト・反射ベストの製作を始めました。

バングラデシュにて「安全ベスト」「反射ベスト」製作を始めました。 安全ベストは工事現場や各種工場内で必須のアイテムです。 ご関心のある方はご連絡ください。    

View all

今日の 新聞より

国債を通じたバングラデシュ政府の借り入れ、請求額は5倍に増加 国債を通じたバングラデシュ政府の借り入れ、請求額は5倍に増加

2024年7月17日 国債や短期国債の売却によるバングラデシュ政府の借入は昨年度に5倍に急増し、債務返済コストが当初の予想水準に比べて上昇しました。 バングラデシュ中央銀行の暫定データによると、6月30日に終了した2023年から2024年にかけて手形と債券の発行により6万28億1200万タカを動員し、前年同期の1万34億5600万タカを上回りました。 バングラデシュ財務省当局者は、年度全体の予算支出の最終計算が行われれば実際の数字が分かるだろうと述べました。 バングラデシュ政府は歳入が予想を下回る中、経費を賄うために銀行セクターと中央銀行への依存を大幅に削減しており、この2つの証券への依存度は高まっています。 この変化は、銀行業界からの借入の増加が、過去2年間9%以上にとどまった前例のない長期にわたるインフレの主な要因の1つであると言われていた中で起こりました。 バングラデシュ中央銀行によると、政府は24会計年度に国債入札を通じて211億2900万タカを確保しました。対照的に、2022─2023年にはこのツールを通じて資金を借り入れませんでした。むしろ、そのような負債は前会計年度と比較して 6 億 1,500 万タカ減少しました。 24年度の国庫短期証券による国の借入は、23年度の14,072億タカと比較して41,683億タカでした。 … more

バングラデシュの今期第3四半期のGDP成長率は6%を超える、とエコノミスト バングラデシュの今期第3四半期のGDP成長率は6%を超える、とエコノミスト

2024年7月10日 バングラデシュの経済状況は2023-24会計年度第3四半期に前年同期と比べて大幅に高い成長を記録することで回復し、工業製品や農産物の生産における順調な進展を裏付けました。 バングラデシュ統計局が発表した暫定データによると、同国は24年度1~3月期の国内総生産(GDP)成長率が6.12%となり、23年度同時期の2.3%から大幅に増加しました。 。 24年度10~12月期のGDP成長率は3.78%だった。 バングラデシュ統計局はまた、バングラデシュ経済が24会計年度に5.82パーセント成長すると予測しました。 バングラデシュ政策研究所の主任エコノミストは「第3・四半期のこのような成長の急増は予想されていた」と述べました。 これは今年1月の総選挙後の政治的安定を反映したものだと同氏は述べました。 24 年度第 2 四半期、政治情勢は危うい状況にありました。そのため、企業は投資を敬遠し、公共投資も停滞しました。 … more

UAEがバングラデシュへの最大の送金元に浮上したとの事です。 UAEがバングラデシュへの最大の送金元に浮上したとの事です。

2024年6月25日 バングラデシュ中央銀行の統計によると、バングラデシュは次期会計年度の最初の10カ月間にアラブ首長国連邦から最高額の海外送金を受け取り、サウジアラビアや米国などの伝統的な大国を大きく上回ったとの事です。 2 番目に多いのは英国で、3 位が米国、4 位がサウジアラビアでした。 UAEからの送金額の急増はバングラデシュにとって朗報となりました。 過去2年間、外貨準備危機に揺れる経済に切望されていた潤沢な資金を提供したからです。 しかし専門家らは、密輸された資金がインセンティブを享受し合法化するために送金の形で戻ってくるのかどうかについて疑問を呈しています。 UAEを拠点とする送金業者は2023~24年、7~4月に36億5000万ドルをバングラデシュ向けに送金し、前年同期の受取額24億1000万ドルを52%上回りました。 バングラデシュ中央銀行のデータによると、この期間に送金された出稼ぎ労働者191億1000万ドルのうち、UAEからの流入は19%を占めました。 これは、中東湾岸諸国がバングラデシュ人にとって主要な投資拠点となっている中での出来事ですが、バングラデシュ中央銀行から海外投資の許可を得ている企業はほんの一握りであるため、ベンチャー設立のための資金がどのように動員されたのかはすぐには分かりません。 … more

View all

バングラデシュは御社のビジネスの可能性を拡げます。
バングラデシュビジネスサポートサイトでは日本企業のバングラデシュ進出を応援します。

南アジアの小国バングラデシュ。「緑地に日の丸」の国旗は少なからず記憶の片隅にある方も多いのではないでしょうか?

北海道の2倍にも満たない面積の中に、日本を超える1億6400万人にも及ぶ人口。この世界最高と言われる人口密度は長らくバングラデシュ経済の成長の足かせになっていました。

しかし90年代より急速に広まったIT化の波は世界との距離をより近いものとし、それと共にこの世界最高の人口密度は「世界最高の人的資源の宝庫」という様変わりを見せています。
昨今、人件費の上昇傾向が話題に上がる他のアジア各国に比べ、未だバングラデシュの労働力は安価であり、また青年層主体の人口ピラミッドに表わされるように将来的にも安定した供給が予想されます。

加えて他の南アジア諸国同様、英語話者が数多く存在する事もバングラデシュの大きな魅力でしょう。

「ネクストチャイナはどこか?」、数多くの経済人が議論しています。米大手投資銀行ゴールドマン・サックスは「BRICS」に次ぐ急成長が見込まれる国家群「NEXT11」の一つにバングラデシュを選びました。

まだ見ぬバングラデシュの魅力に、あなたも触れてみませんか?

最後に、我が機構の活動に共感、賛同して頂いたバングラデシュ工業省ディリップ・ボルワ工業大臣、バングラデシュ商業省常務委員会アブル・カシム委員長、ならびに現首相顧問トーフィック・イ・イラヒ・チョウドリ氏に多大な感謝を申し上げます。