日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュのチップ

images日本人には慣れない海外でのチップ

バングラデシュでも様々な場所で支払う機会があります。

レストラン、美容院、ホテルなどの「サービス」に対してでしょう。

どれくらいの目安で払えばよいのか?

たとえば食事に行った際、レシートに「service charge」などの項目で金額が明示してあれば特に支払わなくても結構です。

現地の人が行くような簡単なレストランで500タカ以下程度の食事だと食事後担当の給仕係に10タカくらい手渡しで良いと思われます。

美容院などは10%ほどが目安でしょう。

臨時で1日ドライバーをしてくれた人間などには仕事終わりに100タカほど上げればとても喜びます。

家電を購入し、配達をしてもらった人間にも距離にもよりますが50タカ~最大100タカほど。

これはボクシーシ(施し)というよりも「ハッピーマネー」という感覚で上げた方がスマートだと思われます。

個人に対して100タカと言うのは現地感覚で言うとすこしあげすぎな感はあります。

アメリカでさえ、簡単なサービスでのチップは1ドル

現在のレートで90円ほどです。

生活水準の違うバングラデシュなので、100タカは感覚的には1000円に近いイメージです。

アメリカでも10ドルチップで置く事はあまりないように、粗い感覚ですが日本円の10分の1程度のイメージで良いかと思います。

ここは本当に個人差の分かれるところです。

最初はスムーズに行かなくても大丈夫ですので、少しづつ慣れていってみてください。

Comments are closed.