日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュ人労働者の休暇は何日?

indexバングラデシュ労働者と日本企業が係わる場合、避けて通れないのが「バングラデシュ労働法」の熟知でしょう。

バングラデシュ労働者が関心をもつ事項はやはり「給与」と「休暇」があると思います。

これは日本でも同じですね。

「給与」に関してはそれぞれの会社の判断による所がありますので、あえてここでは明記しませんが、「休暇」に関しては明確な労働法が存在しています。

バングラデシュ労働法ではバングラデシュ労働者の休暇について2つのカテゴリーで区別しています。

大きく分類して「工業系」と「商業系」です。

週休」は工業系が「1日」に対して、商業系は「1,5日

臨時休暇」は工業系・商業系とも「10日

病気休暇」は工業系・商業系とも「14日

祝祭日休暇」は工業系・商業系とも「11日

年次有給休暇」は工業系が「前年度出勤日22日につき1日」に対して、商業系は「前年度出勤日18日につき1日

という具合です。

これさえ守っていればとりあえずバングラデシュの労働法には抵触しませんが、あとの余剰休暇にたいしては経営者および管理者の判断によります。

バングラデシュでも「労働者の権利意識」が高まっていますが、日本企業がバングラデシュにてバングラデシュ人労働者を管理する場合は最低でも知っておかなければならない事でしょう。

 

 

 

Comments are closed.