日本とバングラデシュをつなぐ

社団法人による信頼のおける

ビジネスコンサルティングを。

INTERNATIONAL
HUMAN RESOURCE
NETWORK ORGANIZATION

We will match
between Japanese
and Bangladeshi company

~ For better future of
Japan and Bangladesh ~


バングラデシュにてIT人材を募集するという事。

IT-BD

現在、日本のIT関連企業を中心として「バングラデシュでのIT人材発掘」に旺盛な興味をひかれている現状があります。

当機構も、いくつかの会社でIT人材発掘および募集のサポートをさせて頂きましたが、この傾向は今後も続きそうです。

IT業界と言うと知らない人から聞くと「花形産業」と思われるところが多いですが、実際に現場に降りて行ってみると「IT土方」と一部で偏見的な呼び名で呼ばれるのも分かるような、本当に「耐久力」が必要な仕事になります。

開発などでは、何度も同じことを繰り返してシステムの進捗を確認していかなければいけません。

それは机の上でかなりの時間をかけ、身体の負担も大きいものです。

「花形産業」と夢を見て就職した日本の若者も、その現実を目の当たりにして「離職率」も高くなっている代表的な業界です。

かといってどの企業も指をくわえて現状を見ているだけでは進んでいかない。

そこで「人材豊富なバングラデシュでIT人材を発掘、募集する」という考えに行きつく企業が多いです。

ITというと隣国インドが思い当たる方も多いと思いますが、やはり「人件費」の違いが、バングラデシュに目を向けさせる一つの理由でしょう。

さて、当のバングラデシュでは「Bangladesh University of Engineering and Technology バングラデシュ工科大学:通称BUET)」を初めとした、理系大学では率先して「IT人材育成」を計っています。

現在、バングラデシュでは「世界第二位の縫製大国」とうたっていますが、アパレル業界だけでなくその他の業界の底上げも図っていかなければなりません。

そこでバングラデシュでは政府をあげて「デジタル・バングラデシュ」というスローガンを掲げ、次世代の「ITソフト産業を基幹産業に」と考えています。

実際、どこまでの適応人材がいるかというと、日本を超える人口を持ちながら「絶対数としてはIT人材は決して多くない」というのが現状です。

やはり「日本に比べて、まだまだ『ITすそ野自体』が広くない」というのが現状でしょう。

そうなってくると、やはり日本と同様な「青田買い」にも似た現状が起こってきます。

 

ここで重要になってくるのが「IT人材を欲しているのは決して日本だけではない」という現実です。

アメリカやそのほかの先進諸国でも同様に「安価なIT人材」と言うのは重宝がられ、また英語話者の多いバングラデシュIT人材であるが故、積極的な人材採用を欧米諸国は行っています

日本の会社の不利なところは「言葉の壁」と「移民制度」でしょう。

楽天などは「社内英語化」を進めておりますが、時代の最先端をいく「IT業界」であれ、日本の現状は「仕事を英語で行っていく」という現実がまだまだ壁の高いものになってきます。

バングラデシュ人材を採用したところで、コミュニケーションの壁ができてしまい、仕事が円滑に進まないのも問題です。

日本側が英語で仕事を進めていくか」「バングラデシュ人材に日本語教育を行っていくか」の二者択一を迫られます。

またもう一つですが「移民制度」

例えば、移民制度を持つ欧米系のIT関連企業で仕事を行っていけば、バングラデシュ人材は「ゆくゆく移民の可能性が出てくる」という事を考える人材も多いと思います。

そうなってくると、やはり「日本企業への就職の魅力」というものが薄れていくのも仕方のないことです。

こうみると欧米系に先陣を配した「IT人材発掘市場」ですが、しかしバングラデシュは人材の宝庫でもあることを忘れてはいけません。

現時点でのIT人材の絶対数は、現在のバングラデシュの若者の指向からみても今後かならず伸びを見せていきます。

日本のIT業界に蔓延する人材不足を解消する一つのきっかけが「バングラデシュ」にあるのかもしれません。

当機構はすでにバングラデシュにおけるIT人材募集、発掘実績がございます。

またダッカ当地の「日本語学校」と提携しており、150時間程度の必要時間で「最低限の日本語可能な人材」を育てる事も可能です。

ご興味のある方は是非ご一報いただければ、サポート致します。

 

 

Comments are closed.